読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てしりこじり

しりがちいさいエンジニアがいるという

tmp 配下に pid ファイルを作ってませんか

tmp の下に pid ファイルは作っちゃダメ。
だって勝手に消されちゃうぞ!

おおふ。知らんかったなんて言えない。言えないよ。

redhat

tmpwatch というサービスが /etc/cron.daily に登録されており、
定期的に /tmp 以下を掃除している。

ITmedia エンタープライズ : Linux Tips「/tmp/ディレクトリ下のファイルはいつ削除される?」

なので pid ファイルとか置いとくのはよろしくない。
そもそもデフォルトで変なアクセス権がつく可能性もある。

debian

tmpwatch というパッケージは無い。
代わりに tmpreaper というパッケージを使う。 デフォルトでは登録されていないのでインストールしてやる必要がある。

debian で /tmp 以下を定期的に掃除する. - ぴょぴょぴょ? - Linuxとかプログラミングの覚え書き -

インストールは以下の通り

$ sudo apt-get install tmpreaper
$ vim /etc/tmpreaper.conf
SHOWWARNING=false に設定する。

デフォルトでは,SHOWWARNING は true であり,そのままでは tmpreaper は動かない。 /etc/tmpreaper.conf では,他にもファイルを残しておく期間などが設定できる。
詳細は /etc/tmpreaper.conf のコメントを参照.

なんだじゃあ Debian 系は tmpreaper インストールしなきゃ大丈夫じゃん

そうじゃないんだ。。。 違うんだよ。。。

デフォルトでも /tmp 以下に作成したファイルは起動時に削除されている。 /etc/init/mounted-tmp.conf から /etc/default/rcS を読み込んで起動時に tmp を空にしてるよ! 気をつけようね!!