読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てしりこじり

しりがちいさいエンジニアがいるという

流れる日々をゆったりとしたものにするために

はっとしたので書き留め。

子どもの頃の時間はゆっくり流れる。大人になると時間はたちまち経過する。なぜだろう。 信州大の山沢清人(やまさわきよひと)学長は4日の入学式で、脳科学者の言葉を引いた。 「周りの世界が見慣れたものになってくると、時間が速く過ぎ去っていくように感じられる」 なるほど見るものすべてが新鮮な子どもと、大人との違いは明らかだ。 だから山沢さんは学生に「自力で時の流れを遅くする」ことを勧める。 新しいことを学び続ける。新しい場所を訪ねる。新しい人に会う。すると脳の取りこむ情報量が多くなり、時間はゆったりしてくる。それが創造的な思考を育てることにつながるのだという。学びへの、遠目が利いたいざないである。

天声人語4/8から引用。

限界はありますが、新しいことへの興味を失わずに生きていこう。